アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

postheadericon 治療法とは

入院中の人

治療について
アルツハイマーを治療するための明確な方法は現在発見されていません。
しかし、病期の進行を遅らせる、あるいは維持するために必要な薬物治療は確立されています。
薬物治療だけでなく、行動療法を用いることによって改善されるケースが有ります。
治療に関しては個体差があるため、一概に確立された方法がありません。
不安感を感じている人間には、安心できる環境を与えるといったように、個別に異なる対応を、適切に行う必要があります。

副作用と影響
アルツハイマーを発症し、改善のために薬を服用することで副作用があらわれることもあります。
副作用としては挙動の変化や精神的な状態の変化が挙げられます。
過眠や不眠のような睡眠障害が起きたり、食欲の減退・増進といった変化もあります。
本人にしか分からない精神的変化には、攻撃性の上昇や興奮状態の持続、焦燥感が挙げられます。
治療には病院への通院が必要ですが、それをサポートする人間にも精神的・肉体への影響が及ぶことがあります。

Read more

postheadericon 対処について

綺麗な病院

原因を知る。

原因として考えられているのは、遺伝・環境および生活習慣などの複雑な因子が絡み合っていることです。
加齢に伴う脳の変化がどのようにニューロンに害を及ぼし、障害の原因となるかは研究が行われているところです。
若年性はまれでほとんどが家族性、30歳から60歳の人に発症し、全体の占める約5%程度です。
認知機能低下と心疾患・脳卒中・高血圧・糖尿病・肥満などが発症・進行に影響を及ぼすと考えられています。
最近の研究で脳内の老廃物であるアミロイドβという物質の影響があげられています。

認知症とは違います。

アルツハイマーと認知症は同じ病気だと思われがちですが、異なります。
どちらも痴呆の症状がでるため、間違えやすいのかもしれません。
認知症を引き起こす原因となる病気の1つです。
アルツハイマーによる認知症はアルツハイマー型認知症と言われます。
物忘れがひどくなり、それがどんどん進行していきます。
この点では認知症と同じですが、脳の病気になってるかという点が違います。
脳の萎縮のせいで起こる病気です。
認知症は脳機能の低下で起こるものです。

診断・予防を考える。

認知症と思っていてもアルツハイマー型かもしれないので病院で検査してもらう事が必要です。
病院でCTやMRI、PET、SPECTなど検査を行ない、少しでも早期に病院で診断して治療を始める事ができます。
診断された場合、経過を機能障害から評価したFASTという病気分類を行います。
治療薬も開発され、進行を遅らせる事もできるようになってきています。
物忘れが増えたりしたら、病院へ行って検査を受けみましょう。
インスリンの多い食事・有酸素運動・短時間の昼寝が軽度の予防になるみたいです。

Read more

postheadericon アルツハイマー

病院の廊下

アルツハイマーとは
アルツハイマーは脳に影響を引き起こす病気のことで、精神病や心身症とは異なる病気です。
人によって症状は異なり、記憶に生涯が発生した場合には認知症と似たような行動を取ります。
しかし、老化による認知症とは異なるため、措置や対応、また服用すべき薬も異なります。
記憶以外には思考や行動に影響が及びますが、普段は問題ないのに唐突に問題行動を起こすといったケースもあります。
症状の出方に波があるのも病気の特徴の1つです。

Read more